トップ

インプラントの歯磨きについて

総入れ歯の変わりに、インプラントにする人が増えています。この治療で用いる歯は本当の歯ではないので、歯磨きの必要がないと思っている人もいるようですが、それは違います。むしろ、より丁寧な歯磨きが必要です。確かにむし歯にはなることはありませんが、歯肉炎などの可能性があります。歯肉炎を予防するコツは、歯の表面をブラッシングするのではなく、歯と歯茎の間を丁寧にブラッシングすることです。というのは、歯と歯茎の間に細菌がいるからです。インプラントをしてすぐは歯茎が痛いかもしれませんが、慣れれば快感です。また歯ブラシは先の細いタイプがお勧めです。

治療のための歯磨き方法

インプラント治療において大事なことは治療を終えた後の日ごろのメンテナンスであると言えます。なぜならば、埋め込んだ人工の歯根であったり、取り付けた人工の歯は人工物であることから神経が通っていないこととなります。すなわち、トラブルが発生しても自覚症状がないままに進行します。そのようなことを防ぐためには定期的なメンテナンスと日ごろの歯磨きとなります。インプラント治療を行った医療機関などにおいて歯磨きの正しい方法やお勧めのブラシなどを活用することによって、トラブルが発生しないようにすることが大事なこととなります。

インプラント最新情報